FC2ブログ
プロフィール

みみさん

Author:みみさん
横浜関内あたりに住んでる親父なサイクリストです。

横浜に引っ越してから
5年ばかり自転車あんまり乗っていなかったけど
近頃復活のきざし。 リハビリサイクリングしますよ。

2013年に、山梨県D村に別荘をゲットしました。自転車基地になってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
Follow me
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ウェザーニュース
みみさんのオススメ

房総29erオフ参加

正月明けに房総に走りにいったtomotomojaさんに誘われて29erオフに行ってきました。
ワシのチャリは29インチどころか26HEのハードテールですが、29er買いたい人参加も可らしいです。

房総は近いです。横浜関内あたりからは、ベイブリッジ渡って湾岸かっ飛ばしてアクアライン渡れば50分で野趣あふれるトレイルに着きますよ。

皆様早起きです。ワシがついたころには皆様集合してました。
tomotomojaさん。ニューマシン買ってますよww
Vブレーキ愛好会はワシだけかと思ったら、フロントリジットカンチブレーキのお方もいたので心強いですw

デポ地からまったり移動して、関東ふれあい道を通って、この地点から山に入ります。

P1200171m.jpg
ここは房総?って位雪が残ってます。しかしウインドクラスト状態になっていて、自転車で走るのは大変ですよ。

P1200177m.jpg
房総は相当重たい雪が降ったみたいで、竹林地帯は崩壊してます。
主催者殿の判断で名誉ある撤退を選択します。
その後旧鹿野山ホテル横のトレイルを下ります。雪に隠れた石とかがあって大変でしたが、おもしろかったですよ。

P1200197m.jpg
その後素掘りのトンネル連発の林道に連れて行ってもらいましたが、ここも竹林崩壊していて、名誉ある撤退ですw

主催者殿はこのトレイル維持にご尽力されてます。MTBerの人に通って廃道化を防いでもらいたいそうです。
神奈川から房総は近いです。皆さんこの道探して走ってみてはいかがでしょうか。

記事が参考になった方はポチリとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

SKSN山デビュー 1/3

2013年山サイ走り初めは房総に行ってきました。

今回はネットで知り合ったこちらの方と走りに行きました。

blogの記事からすると廃道パスハン好きのお方で、ワシのサイクリング趣味と近い感じがしますよw
コースプランニングはtomotomojaさん担当です。よろしくお願いしますーす。

今回は出発前にいろいろコースの打ち合わせをしましたが、雪がなさそうな所でお互い行ったことが無い
コースで単独ではイマイチリスキーで行く気にならないけど、二人ならばで房総のSKSNに決定。
しかし奥多摩方面と違い、房総はコースの情報が極端に少ないですね。


輪行派のワシですが、横浜から目的地まで行くにはJRだと3時間半もかかるので
車で出動します。

P1030079m.jpg
朝早いとアクアラインもガラ空きです。

P1030086m.jpg
目的地まで1時間で到着。 これは早いわ。
横浜から行くのなら、奥多摩エリアより全然近いです。
通行料金も800円でアクアライン様々です。 

P1030089m.jpg
待ち合わせ場所の駅から近い公園の駐車場で無事集合。
よろしくおねがいしまーす。
tomotomojaさんは同じ千葉県から来たけど、JRで3時間かかったとのこと。
マジ横浜からは南房総は近いですヨ。

P1030093m.jpg
まずはSKSN山まで登山道を担ぎ上げ。木の小枝や落ち葉で埋め尽くされて、廃道化が進んでます。
またここらへんの山は粘土質で、ツルツルすべるんでクリートシューズだとスパイクが打ってあるタイプじゃないとつらいっす。
ツルツル滑ってヘロヘロになったころ頂上に到着。
祠が祭ってあって、昔は交易路であったことが推察されます。
P1030103m.jpg
ここからは尾根道を行きます。 天然の岩に階段状のへこみを作ってあったりして
昔は人の行き来も多かったんでしょうねー。
房総の岩は砂岩か泥岩みたいで、ハンドメイド土木が多いですw

P1030111m.jpg
登りよりは道筋もはっきりしていて割りと乗れます。
しかし、奥多摩のはっきりした道筋のシングルトラックと違い、どこが道で何処が山なのか分からないところも
多いです。 tomotomojaさんは山屋さんらしく、地図読みのテクはばっちし。
ワシのイマイチ頼りないGPS読みとあわせてコースロストも無く無事シングルトラック終了。

P1030116m.jpg
シングルトラック抜けるといきなり大きなお寺があるところに出てきます。
初詣客でにぎわっていて、いきなり下界に下りた感じ。

P1030120m.jpg
出発地点に戻るのに林道経由で帰ります。
川の流れで巨石に穿った穴と、林道の手掘りトンネルが並んでいます。


P1030124m.jpg
水の流れは透き通っています。川床も洗濯板のような感じで野趣あふれるいい林道です。

DSC_2551m.jpg
スタート地点までもどり無事を祝って缶コーヒーで乾杯。
tomotomojaさんはJRの駅に向かいます。

ワシは湖畔のホテルで立ち寄り温泉にはいって今日の山サイの疲れを洗い流します。
房総らしい黒いお湯で、入った後はお肌スベスベw

tomotomojaさん。また走りに行きましょう!

記事が参考になった方はポチリとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

tag:MTB 山サイ